■肛門の診察

・シムス体位という側臥位(横向き)で行います。(右図参照)
 ズボンや下着は脱ぐ必要はありません。
 肛門が診察できる最小限に下げていただけば結構です。
・肛門の中の痔の状態をテレビモニタ−システムで実際に患者さんにお見せしな
 がら説明しています。

■病状に応じて治療方法を選択します。(内痔核、外痔核、裂肛、痔瘻、直腸脱など)

・軽症 :坐薬、軟膏、内服薬の処方と排便習慣の指導など
・中等症:痔核結紮術、痔核硬化療法(診察室ですぐに麻酔なしでできる治療です)
・重症 :日帰り手術にて通院で治療します。

■日帰り手術

・ジオン注射療法
・痔核根治手術
・痔瘻根治手術
・裂肛手術
・直腸脱手術

■ジオン注射療法

・内痔核を切らずに、ジオンという薬剤を注射して治療します。
・以前は切除手術でなければ治療できなかった症例のうち、かなりの症例がジオン注射療法で
 治療できるようになりました。
・職場復帰に要する期間は、1から3日間程度です

■痔核根治手術

・ジオン注射療法では治療できない痔核には結紮切除術を行います
・職場復帰までに要する期間は、事務職では約1週間、
 動き回ったり、重いものを持つ仕事では約2週間です。
 (手術後の合併症を予防するため)


ジオン注射療法
 http://www.matsuda-hp.or.jp/zion/zion.htm
まじめな肛門病学
 http://www2b.biglobe.ne.jp/~dr-ok/jikaku.html
日帰り手術
 http://daichou.com/daysurgery.htm
痔の切除手術
 http://daichou.com/ope.htm
手術後の痛み
 http://daichou.com/a1.htm

TOP 当医院の御案内 乳腺外科 消化器内科 肛門外科 内科 診療実績 LINK MAIL

Copyright Sugimoto Fujio & One Homepage.2003.1.1.renewal:2018.02.