PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
花火の募金に不況の影 金額が昨年下回る
 ぎおん柏崎まつりのフィナーレを彩る大花火大会の募金がこのほど締め切られ、本数は昨年並みの単発290本・スターマイン45本を確保したものの、金額では昨年の4,400万円(市民一同は除く)を大きく下回る3,800万円(14%減)にとどまる見通しとなった。

 取りまとめに当たった祭り事務局(柏崎商工会議所)では、「これまで景気に強い花火といわれて来たが、ついに企業各社が花火にかかる経費まで削減し始めた」と事態を深刻に受け止めている。

 目玉の三尺玉は、1社が今年からスターマインに変更するが、その分を「スターマイン協賛金一同」が肩代わりして例年通りの2本を確保する。しかし、ナイアガラ・スターマインがなくなる。一方ではスターマインを豪華にする企業もあり、今年は200万円クラスの海・中・空スターマインが見ものになるとしている。

 各企業が花火にかける金額を減らしていることから、打ち上げ時間が短縮され、開始は今までより10分遅い午後7時40分に、終了が20分早い9時10分になる。

 また、海・中・空スターマインと小スターマインの打ち上げ場所が昨年の「みなとまち海浜公園」から旧ユース裏の海岸に移動するため、見物の適地がそれに伴い昨年の旧ユース裏からみなとまち公園の浜辺へと変わる。

 花火師も今年から片貝煙火工業(本田正憲社長)に変わることになっており、片貝花火の伝統が柏崎に新たな血を注ぎ込み、大花火大会盛り上げの起爆剤になることが期待されている。

(1998/ 6/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。