PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
初事業のなぎさスク−ル 18日から
 柏崎の海岸で姉妹都市の小・中学生同士が交流を深め、海洋スポーツなどを体験しようと「いきいき・海の子・浜づくり―なぎさスクール」(同スクール実行委員会主催)が18日から3泊4日で行われる。今年度初めての事業で、後援は柏崎、東京・東村山の両市ほか。海上保安庁第九管区海上保安本部が協力。「海に遊び海に学ぶ」のテーマで、柏崎ならではのプログラムが盛りだくさんだ。

 同スクールは文部・運輸各省の事業指定を受けた海岸を利用して、市内と東村山の小・中学生の交流を目指す。海洋スポーツや生物観察などの体験を通して、人と海とのかかわりの深さを理解してもらい、併せて市民から海岸を教育活動の資源の1つとして見直してもらうことをねらった。

 参加は、小学4年から中学3年まで合わせて80人で、市内が各校の推薦、東村山からはリーダー養成スクールの受講生ら。初日は午後1時からSEA YOUTH 雷音で開校式、「海の環境・安全を学ぶ」として海上保安庁の巡視船「やひこ」乗船、ライフセービング体験など。

 2日目は笠島海岸から雷音まで10キロのプロジェクトウオーク。3日目はヨット、カヌー、塩作りなど8つのメニューから1人が2つずつ体験できる「海の自由活動」、最終日朝は世話になった海に感謝する海岸清掃を行って、正午ごろ閉校。全日程とも新潟産大の学生10人がボランティアで運営を支えていく。

 実行委事務局の市生涯学習課では「この事業を通して、豊かな心を持つ青少年の育成と、交流を期待したい」と話している。

(1998/ 8/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。