PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
柏崎労基署管内の40時間労働達成率は88.4%
 柏崎労働基準監督署(金子輝夫署長)のまとめによると、週所定労働時間が40時間以下を達成している管内事業所は88.4%で、前年より6.5ポイント増えた。また、月1回以上、何らかの形で週休2日制を取り入れている事業所は94.9%で、1.6ポイント増えた。

 週40時間労働制は昨年4月に全面実施となり、商業、接客娯楽業、保健衛生業、映画・演劇業の10人未満を除き、すべての事業所に適用された。調査は、労働保険の年度更新手続き用紙を事業所に送る際、アンケートを同封。4月現在の状況について、498社から回答を得た。

 業種別では、週40時間以下の事業所は製造業が95.7%、建設業が62.0%。商業は64.9%でたち遅れている。月1回以上、何らかの形で週休2日制を導入している事業所のうち、完全週休2日制の採用事業所は25.7%。週休2日制の形態で最も多いのは、1年単位の変形労働時間制の採用事業所で、40.9%だった。

 今年度の年間休日日数は「100日から109日」が27.5%で1番多く、100日以上は57.6%で昨年より2.9ポイント増えた。適用除外の特例事業所の中でも、10人未満の保健衛生業、接客娯楽業で、半数近くが週40時間以下を達成している。

 特例事業所を含め、未達成はなお7.2%あることから、監督署ではさらに説明会などで指導を強めていく。中小企業の週40時間定着などに向けては、省力化投資などの場合に助成を行う制度もある。

(1998/ 8/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。