PHOTOニュース

若手社員と学生が地元就職について意見を交わした交流会=16日、柏崎商 工会議所 (2024/02/19)


「月ほたる運動」で取り組んだ「メリーゴーランド」と北鯖石小の1年生 =同校 (2024/02/17)


16日に初営業から100年を迎えた柏崎信用金庫=市内東本町1 (2024/02/16)

>>過去記事一覧
今年度のショートステイ 前年度1年分超える

 高齢社会を迎え、お年寄りを介護する家族に代わって、一時的に預かるショートステイ(短期入所)は在宅福祉サービスの大きな柱の1つ。市シルバー生きがい課によると、今年度12月現在の市内の利用は延べ約2,020人を数え、すでに前年度の1年分を超えた。

 ショートステイはおおむね65歳以上のお年寄りを世話している人が、病気や冠婚葬祭、旅行、介護疲れなどのために介護できない時、家族に代わって、お年寄りを特別養護老人ホームで一時的に預かるシステム。

 これまでの利用推移は別掲の通りで、このうち市内畔屋地内に「むつみ荘」が開所した平成2年度は延べ130人だった。8年後の今年度は12月末までに延べ2,023人を数え、過去最高だった前年度の延べ2,002人をすでに超えている状況だ。 

 一方、このうち市のリフレッシュ休暇制度を使った人は12月末までに283人。同制度がスタートした4年度が58人だったことから、4.9倍近くになっており、これも年度末までまだ増えそうだ。同課では「制度の内容がよく知られるようになってきたことや、対象者が増えたことが増加の要因では」と見ている。

 ショーステイの受け入れ施設は「むつみ荘」のほか、「やすらぎの里」「いこいの里」「柏柳の里」の四カ所。国・県・市からの補助金があり、1日当たりの料金は2,230円。リフレッシュ休暇は年1回利用でき、日数は7日間。

 問い合わせは同課または市内の在宅介護支援センター(刈羽郡総合病院=電話24-6715、米山爽風苑=同21-3300、いこいの里=同29-3900、赤坂山デイサービスセンター=同20-1535)へ。

(1999/ 2/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。