PHOTOニュース

若手社員と学生が地元就職について意見を交わした交流会=16日、柏崎商 工会議所 (2024/02/19)


「月ほたる運動」で取り組んだ「メリーゴーランド」と北鯖石小の1年生 =同校 (2024/02/17)


16日に初営業から100年を迎えた柏崎信用金庫=市内東本町1 (2024/02/16)

>>過去記事一覧
フォンジェ前電熱システム 融雪効果ばっちり

 このところの降雪、凍結の中で、市内東本町1、柏崎ショッピングモール「フォンジェ」前の歩道で県が施工した電熱融雪システムが効果を発揮している。

 このシステムは、電導性があり、燃えにくく発熱する特殊繊維のコードを歩道の下に張り巡らせた。稼働しているのは、歩道が完成したフォンジェ前の延長約140メートル、幅2.5メートル。先月半ばから試運転を開始し、威力を見せている。5日朝の冷え込みでも歩道は乾いたままで、効果が確認された。

 市街地再開発事業と街路事業で両側の歩道約380メートルに施工する。アーケード部分は幅2メートル、それ以外は幅2.5メートル。すべて完成後は、日降雪深8.3センチ、気温マイナス1.4度などの気象条件でセンサー稼働する自動運転に切り替える。

 電熱融雪システムについて、県柏崎土木の道路課では「各種方式を評価した中で、電気料の給付金によるコスト安、維持管理など地域特性を総合的に判断した。県の事業では他に施工例を聞かない」と話している。すべて完成後の年間電気料金は300万円程度と見込まれ、県、市、地元で負担する。

(1999/ 2/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。