PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
北銀バレー部で柏崎刈羽2選手活躍

 1月から全国を転戦している第1回バレーボールV1リーグ(日本バレーボール協会など主催)で、3月末の休部が決まった北越銀行(本店・長岡市)の主力として、柏崎刈羽出身の田中有紀(24)=小国中卒=、村山幸子(24)=二中卒=両選手が活躍している。経営合理化方針の一環で休部する同部にとって、V1リーグは最後の大会だ。

 同行バレー部は平成4年の創部で、現在選手は16人。昨年は8チームが参加した東部地域リーグで優勝。西部地域リーグの上位とのプレーオフ戦で準優勝し、社会人トップのVリーグに次ぐ現V1リーグの実業団リーグに加わった。また、10月の神奈川国体では、成年一部女子6人制で本県として初出場を果たした。V1リーグの成績は現在、8チーム中7位。今月20、21日には地元の長岡での試合、27、28日には広島での最終戦が迫っている。

 田中、村山選手は共に、バレーの強豪・長岡商に進学、平成5年に北越銀行に入行した。田中選手はチームの主将で、かなめのセンター。「地元での勝利を目指し、納得のいくプレーをしたい」と話す。また、レシーバーの村山選手は「拾ってつなぐ北銀のバレーをアピールしたい」と意気込みをのぞかせている。

(1999/ 2/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。