PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
県議選の戦いに突入 柏崎・刈羽は6氏

 統一地方選の前半戦となる県議会議員選挙が2日告示され、柏崎市区(定数2)では自民党現職・西川勉氏(72)、無所属新人で社民党・新社会党推薦の武本和幸氏(49)、自民党現職・東山英機氏(54)の3人、刈羽郡区(定数1)では自民党現職・三富佳一氏(60)、無所属新人・近藤昇氏(59)、共産党新人・今井賢市氏(54)の同じく3人がそれぞれ立候補を届け出た。各候補とも11日の投票日を目指して9日間の戦いに突入した。受け付けは2日午後5時までだが、ほかに出馬の動きはなく、柏崎・刈羽ともに三つどもえ戦が確実だ。今回の選挙は、県・市・刈羽村が東京電力柏崎刈羽原発のプルサーマル計画を受け入れた直後の戦いとして注目されているほか、長引く不況の対策、介護保険導入を控えた福祉政策、将来的な農業問題などをめぐって舌戦が展開されていくことになる。

(1999/ 4/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。