PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
大勢の市民らサケの稚魚放流

 時折春らしい日差しが注いだ3日、市内青海川のサケ増殖センターで、この時期おなじみのサケ放流式が行われ、大勢の市民らが参加して稚魚60万匹の旅立ちを見送った。

 谷根川には昨年、ほぼ平年並みの6,055匹のサケが上り、採卵・受精し約150万匹の稚魚を飼育。春を迎えて順次放流中だ。また増殖事業協会(深井汀会長)では増殖事業への理解を求め、育てる漁業・環境保全についての啓発として、小学生からサケの稚魚を育ててもらったり、学校給食にサケを提供している。

 放流式には稚魚を育てた郡市の小学生や市民ら大勢が参加。米山小のマーチングバンド演奏に続いて、深井会長が「これから放流する稚魚が帰ってくるのは21世紀。いつまでも変わらない谷根川の自然を残していきたい」とあいさつ。市の安達助役、高橋市議会議長も「柏崎でもっともロマンあふれる式典がこの放流式。サケの旅立ちを思うと、人生を見るようで心にしみる」「ふるさとを目指すサケはふるさとを思う人の心と同じ。いつまでもきれいな谷根川の水、そして新しい谷根川もつくってほしい」と呼びかけた。

 この後、参加者全員でサケの稚魚を放流。稚魚はこれから約1カ月間、青海川の湾内で体重が3倍の約3グラムになるまで大きくなり、海流に乗って北の海に旅立っていく。

(1999/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。