PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
市議選が告示へ 土壇場で定数超える

 第14回統一地方選・後半戦の幕開けとして、柏崎市議選が18日告示される。定数は昨年12月定例会で削減され、30人。立候補予定者も15日まで定数と同じ30人だったが、一部で続いていた新たな候補を立てる動きにより、16日夕、新人1人が名乗りを上げたことから、土壇場になって定数を1人超過。戦後初の無競争は辛うじて避けられる見通しとなった。20日告示の刈羽郡三町村の選挙とともに25日に投票が行われる。

 市議会は今任期中に2人が死去し、現職議員は30人。このうち8人が引退し、立候補が予定されているのは現職22人と新人9人の31人。現職は前回と同数だが、新人は2人少ない。地域選挙の性格が強い中で、東京電力柏崎刈羽原発のプルサーマル計画をめぐる票の行方が注目されるほか、各候補ともまちづくりや福祉、財政などの問題を訴えていく。議会進出を目指している「プルサーマルを考える柏崎刈羽市民ネットワーク」の候補は1人にとどまるのが確実。一方、改選後の会派構成もにらんだ保守系各氏の戦いや、3議席回復をねらう共産党の得票なども焦点だ。

 立候補の受け付けは18日午前8時半から午後5時まで市民会館第一会議室で行われ、各候補・陣営が一週間の運動に突入する。

 告示前日の17日を基準とした市内選挙人名簿登録者数は男33,864人、女35,817人、計69,681人で、前回市議選より2,074人増えている。

(1999/ 4/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。