PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
地域振興券利用 1カ月で1億4600万円

 交付開始から20日で1カ月がたった市内の地域振興券は、市の第1回振り込み分で、交付済みの額面総額4億5,300万円余りのうち、3分の1近くに当たる1億4,600万円余りが利用されたことが分かった。

 市内の交付対象で、15歳以下の子供は約8,500世帯の約14,500人、老齢福祉年金の受給者などは8,200百人余り。また、取り扱い事業者は約1,500店。このうち、20日現在で引き取りにきていない対象者は、15歳以下の子供のいる世帯と同年金受給者などを合わせて約100人。交付率は99.5%だ。

 取り扱い事業者が今月8日までに金融機関に持ち込んだ振興券は、15日の市の第1回振り込みで1億4,618万9,000円だった。このうち、大型店は金額で56%を占めた。残る44%の事業者のうち、主な業種は靴、本、文房具、電化製品、おもちゃなどの一般小売業と飲食店。市ではなるべく早いうちに、利用用途や経済効果などをめぐる抽出アンケートを事業者、交付対象者双方に行いたい考えだ。

(1999/ 4/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。