PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
市民生児童委員協総会 身近な相談者に

 市民生委員・児童委員協議会(黒崎善治会長)が20日、産文会館大ホールで総会を開き、今年の活動の基本方針や重点項目などを決めた。

 民生委員・児童委員は地域住民と行政を結ぶパイプ役として、現在162人が活躍している。会では黒崎会長が「地域のネットワークを作り、地域から声をかけてもらう活動をすることが大事だ。福祉の仕事は先が長い。あまり急がずに着実に、目的を達成することを念じたい」とあいさつ。

 続いて議事に移り、基本方針は「わが国の福祉施策が大きく進展する中で、住民の身近な相談・支援者として、福祉ニーズを的確に把握し、問題解決に向けて、さまざまな活動を地域社会で進めていく。併せて誰もが安心して暮らせる『福祉のまちづくり』の推進を図る」とした。

 事業方針には新活動強化方策、介護保険制度などへの共通理解を掲げ、重点項目として@基本的人権の尊重による公平公正で差別しない活動A個別的援助活動の強化B在宅支援をすすめるネットワークづくりC福祉のまちづくりD子育て環境の整備などを挙げた。

(1999/ 4/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。