PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
大貝トンネル貫通 郡境に万歳響く

 小国町と川西町とを結ぶ国道403号「仮称・大貝トンネル」(延長380二メートル)の貫通式が21日、刈羽・中魚郡境の現地で行われ、早期開通への期待の中で祝賀のセレモニーが続いた。

 同国道は新潟市と長野県松本市を結んでおり、長岡からは越路町、小千谷市、小国町、川西町を経て十日町市に至り、長岡経済圏と十日町・中魚経済圏を直結。小国町にとってはほくほく線や上越・魚沼高規格道路へのアクセス道として期待されている。

 現在の小国−川西間は幅員が狭く、急勾配、急カーブの連続で冬期間に通行止めとなることもしばしば。両町で順次改良工事が進められており、最後の難関が郡境の大貝トンネルと、トンネルに隣接して川西側に建設される小白倉橋(延長百70メートル)だ。トンネルの掘削は平成8年秋から行われている。

 小国側で行われた貫通式では、長澤利夫・県土木部長、牧野功平・小国町長、南雲春雄・川西町長がスイッチを入れると、春の光に輝く川西側の山野が目の前に。安全確認、清めの儀式に続いて、両町の境界で関係者が握手と通り抜けのセレモニーを行い、万歳が何度も繰り返された。工事関係者によるタルみこしの通過などもあり、華やかな雰囲気に包まれた。

 トンネルの川西側は深い谷になっており、トンネルを使って小白倉橋の工事を続け、平成13年度に同時完成の予定。このほか、川西側で若干の未整備区間が残っており、全線の完成・開通はもう少し先になりそうだという。

(1999/ 4/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。