PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
市基本検診・がん検診、一層の受診率向上課題

 市はこのほど、平成10年度に実施した基本健康診査と、大腸など5種類のがん検診状況をまとめた。基本健康診査は目標値を上回っているものの、子宮がん、乳がんなど検診の種類によっては目標値を下回るなど、一層の受診率向上が課題になった。

 本市では国の保健事業第3次計画
(4年度−11年度)に基づき、受診率の目標値を定めている。この中で、老人保健法の対象になる40歳以上
(子宮・乳がんは30歳以上)の目標値は10年度の場合、基本健康診査が50%、このほかのがん検診は30%だった。

 この結果、目標値に対して、基本健康診査の受診率は7.9ポイント、大腸がんは0.5ポイント、上回った。だが半面、乳がんの11.6ポイントを最高に、子宮がんが6.3ポイント、肺がんが2.5ポイント、胃がんが1.7ポイントそれぞれ下回った。肺がん、胃がんの受診率は30%を超えていた時期もあっただけに、中だるみ傾向も見られるという。

 すでに市では、今年度の各種検診などが始まっており、担当の元気支援課では「早期発見・早期治療の上で、さらに多くの受診が望まれる。最低でも年に1度はいろいろな検診を受けて、自分の健康管理に努めてほしい」と呼び掛けている。

▽基本健康診査
 対象者26,014人  受診者14,504人  受診率55.8%
 40歳以上・対象者22,142人  受診者12,812人  受診率57.9%
 
▽大腸がん
 対象者26,014人  受診者7,238人  受診率27.8%
 40歳以上・対象者22,142人  受診者6,752人  受診率30.5%
 
▽胃がん
 対象者26,014人  受診者6,579人  受診率25.3%
 40歳以上・対象者22,142人  受診者6,276人  受診率28.3%
 
▽子宮がん
 対象者17,532人  受診者
(集団・施設)
3,961人  受診率22.6%
 30歳以上・対象者16,620人  受診者
(集団・施設)
3,946人  受診率23.7%
 
▽乳がん
 対象者17,532人  受診者
(集団・施設)
3,064人  受診率17.5%
 30歳以上・対象者16,620人  受診者
(集団・施設)
3,515人  受診率18.4%
 
▽肺がん
 対象者22,142人  受診者19,064人  受診率86.1%
 喀痰(かくたん)受診者2,282人  受診者627人  受診率27.5%

(1999/ 5/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。