PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
柏崎管内高額納税者 トップは田中参院議員

 柏崎税務署(堀野冨士夫署長)は17日、同署管内(柏崎市、刈羽郡)で平成10年分の所得税額が1,000万円を超えた高額納税者を公示した。今回は別表の通り32人が公示され、前年より3人増えたが、平成に入って2番目に少ない人数だった。

 国税庁は所得税法の規定により、1年間の所得税額が1,000万円以上の人を申告にもとづき公示している。今回の公示者のうち、24人が前年と同じ顔ぶれ。一昨年9月に田中角栄元首相の生家のある西山町に転入し、越後交通、長鉄工業などの役員を務める参議院議員の田中直紀氏が前年の14位から、初めてトップになった。

 公示者の所得税総額は6億1,704万5,000円で、前年より15.7%増えた。職業別では、会社役員・事業主関係が15人で前年と同数。医療関係者は14人で前年より1人増えた。また、土地譲渡関係の所得と見られるものが前年より増えた。市町村別では柏崎市が28人、西山町、刈羽村が各2人だった。

 同署管内の公示者数は、平成3年の67人をピークに、バブル崩壊後の景気低迷などで減り続けた。6年に35人に落ち込んだ後、7、8年と40人台で推移し、9年は平成に入って最少の29人だった。

(1999/ 5/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。