PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
柏崎ナイター野球 キャロル JAPAN優勝

 第23回柏崎ナイター野球大会(柏崎日報社主催、柏崎野球連盟、市教育委員会、柏崎体育団、ダイワマルエス後援)は13日夜、荒浜運動場で決勝戦が行われ、キャロル JAPANがアタックスリターンズに4−2で逆転勝ちして4年ぶり2度目の優勝を飾った。アタックスリターンズの準優勝も2度目で10年ぶり。最優秀選手賞には、逆転の足がかりとなる安打を放ち、相手打線を2点に抑えたキャロル JAPANの品田英信投手、敢闘選手賞には、力投したアタックスリターンズの真貝邦雄投手を選んだ。3位はBOSEと米山バットマンズ。

 今大会は昨年を6チーム上回る82チームが参加し、8月2日から連夜のトーナメント戦を展開。天候にも恵まれ、順調に閉幕にこぎ着けた。

 ▽決勝
  アタクッスリターンズ
     0200000 2
     000031× 4
  キャロル JAPAN
  【ア】真貝−矢代【キ】品田−中村剛
  ▽二塁打 矢代(ア)

 アタックスリターンズは2回、2塁打で出た矢代を片山の安打でかえして1点。さらに相手品田投手の暴投で加点し、2−0と先行した。これに対しキャロル JAPANは5回、2死二、三塁で高橋が内野に上げた飛球が野手の間に落ちる幸運な安打となり同点。送球が乱れる間に高橋もかえって逆転した。アタックスリターンズの真貝投手は打ち取っていただけに悔やまれる。キャロル JAPANは6回に小暮隆の適時打でだめ押しの1点を加えた。

(1999/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。