PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
国体陸上選手が市長表敬訪問

 10月24日から熊本県で開幕する第54回国体秋季大会の陸上競技に出場する地元の中学、高校選手7人が17日、市役所に西川市長を表敬訪問した。

 訪れたのは選手と指導者3人、柏崎陸協の今井元紀副会長。このうち、少年女子棒高跳びに出場する長谷川知恵さん(鏡が沖中3年)は、新潟江南高校3年で本県を代表する棒高跳び選手・長谷川憲さんの妹。同種目の兄妹国体出場は珍しい。少年女子棒高跳びは昨年から設けられ、柏崎からは昨年の小川瑞恵さん(鏡が沖中卒、柏高1年)に続き2年連続出場。出身者を含め陸上の8人出場は、昭和59年の7人を上回る近年最多記録だ。

 表敬訪問では1人ひとりが自己ベストなどを自己紹介。西川市長は「体調を整え、良いコンディションで行ってほしい。皆さんの頑張りで、中学生も競技を続けていこうという気になる」と激励。市長に自信を問われた佐藤光介選手(柏高)は「自信はバリバリあります」と答え、笑顔を誘っていた。元国体選手で県少年男子監督を務める予定の巻口実・柏工教諭も「指導のしがいがあります」と頼もしそうに見守った。出場者と種目、自己ベストは次の通り。

 ▽柏高
  佐藤光介 (3年、少年A走り幅跳び  7メートル19)、
  五十嵐恭子( 同、同100メートル障害 14秒42)、
  西須慶子 ( 同、同100メートル同  63秒74)、
  藤巻奈緒 (1年、同B100メートル同 15秒14)

 ▽柏工
  南波佑輔 (3年、少年共通5000メートル競歩 22分43秒86)、
  梅沢慶紀 (2年、少年A400メートル    48秒84、
           同共通400メートル障害  52秒60)

 ▽鏡が沖中
  長谷川知恵(3年、少年共通棒高跳び  2メートル90)

(1999/ 9/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。