PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
東本町の新アーケード、来年3月完成へ

 東本町まちづくり事業に関連して、市内東本町1丁目地内で今夏からアーケード敷設工事が進められ、このほど上町側(約100メートル・星野時計店―ミヤ眼鏡店)の区間で骨格を現した。

 工事は同地内の当該商店主で組織するアーケード建設部会(代表世話人・遠藤邦彦)が発注、石橋組と植木組がそれぞれ旧6丁目と5番街地内を請け負っている。総延長は上町、下町合わせて約400メートル。建設費2億5000万円のうち、国・県が2分の1、市が3割を助成している。

 新しいアーケードの特徴は一本柱。店舗側だけで支える設計で幅は2.5メートル、高さは3.6メートルになる計画だ。工事は引き続き下町側(約100メートル・フォンジェ駐車場―A2棟駐車場)に移り、最後に5番街上町側(約200メートル・やまざき―青山工芸)を行って来年3月に完工の予定だ。工事を主管する県土木事務所では「少し遅れ気味だが、予定通り完成させたい」としている。

 なお、アーケード工事に伴い、ロードヒーティングの敷設や電柱の撤去などの工事も来年3月まで行われる見通し。東本町の歩道の全面的な供用開始はそれ以降となりそうだ。

(1999/10/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。