PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
拉致疑惑 蓮池さん両親ら県議会に帰国報告

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による日本人拉致(らち)疑惑で、昭和53年に行方不明になった市内土合、蓮池薫さん=当時(20)=の両親、支援者らが7日、県議会などを訪れ、米国訪問の帰国報告を行った。

 米国訪問は問題解決への理解、支援を訴えようと、2月25日から今月3日までワシントン、ニューヨークに滞在し、国連や米政府、議会、国際人権団体など25カ所を回った。

 県議会を訪れた一行は、高橋正議長に訪米の報告書を手渡し、「米国では拉致問題に関心が高く、多くの人が協力を申し出てくれた」と成果を語った。高橋議長は前日に県議会を訪れた駐日米国大使館のアビゲール・S・フリードマン一等書記官に拉致問題解決を要請したことを両親に伝えた。県庁では磯部晴昭副知事に報告した。

 その後行われた記者会見で、蓮池さんの両親らは、ニューヨークの国連本部の人権委員会事務所で強制的失踪(そう)者の被害救済申し立て手続きの説明を受け、4月にも他の家族とともに手続きを行うことを明らかにした。父秀量さん(73)は「日本政府から国連への報告がされていなかったことを残念に思う」と述べ、母ハツイさん(68)は「米国では親身になって協力を申し出てくれた。これからも(息子の)安否が分かるまで頑張りたい」と訴えた。

(2001/ 3/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。