PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
日本丸が7月に柏崎港へ

 柏崎港が昭和46年7月、関税法に基づく開港指定で国際貿易港としてスタートし、今年で30周年。これを記念して国土交通省航海訓練所の練習帆船「日本丸」が、市と柏崎港整備・利用促進協議会の招きにより、7月25日から29日まで柏崎港に寄港することになった。

 現在の日本丸は2代目で、59年2月に建造された4本マストの帆船(ディーゼルエンジンも搭載)。全長110.09メートル、幅13.80メートル、総トン数2.570トン。平成元年に建造された2代目「海王丸」(2.556トン)とともに、その美しい姿で人気がある。

 寄港後のスケジュールについては今後の検討になるが、操帆訓練の見学会などを企画したいとしている。ちょうど、海水浴やぎおん柏崎まつりの最中で、多くの人の話題を集めそうだ。

(2001/ 3/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。