PHOTOニュース

トップライトがふさがれ、LED照明に入れ替えたアリーナ=ラピカ (2024/05/30)


桜井市長に環境大臣表彰の受賞を報告した植物友の会の阿部会長(右から 3人目)ら=市役所市長応接室 (2024/05/29)


第10回市民のための柏崎文化祭ステージ部門で柏崎フィルの伴奏付きで初 めて披露された柏崎讃歌「柏崎の思い出」 (2024/05/28)

>>過去記事一覧
06年度開所予定の特養は西部方面を検討

 9日午後行われた市議会12月定例会の一般質問で、池田千賀子氏(みらい)が2003年度に開所が予定される特別養護老人ホーム(特養)の整備方針を巡り、建設位置や建設方式などをただした。西川市長は、民間活力を導入する点から事業主体は従来にない提案型公募によるものとし、西部方面を主眼に置いて建設を考えていきた いと述べた。

   池田氏は、今後も特養の待機者の増加が予想される中で、「介護保険事業計画によれば、06年度に新たな特養が整備されるが、この建設に当たっては市内のバランスを考慮した上で位置を決定してほしい。その際、市の助成、建設方式はどうなるのか」など、市長の考えをただした。

 市長は「定員80床程度の全室個室のユニットケア(小規模生活対応型)の新規特養を05年度建設、06年度開所を目指し、準備中である」とし、このほか、ショートステイ20床、在宅介護支援センターを併設する計画であるとした。民間事業者の活力を導入し、事業主体は県内に事業実績のある社会福祉法人、市内にある社会福祉法人の中から提案型公募によるものとしたい意向を示した。

(2003/12/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。