PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
会田氏が市長選出馬へ

 任期満了に伴う今年11月の市長選に、柏崎市出身で元長岡市職員の会田洋氏(57)が31日、無所属で立候補する決意を明らかにした。柏崎日報社の取材に答えたもので、4月2日に正式に表明する。今年の市長選では、現職の西川正純氏(61)の4選出馬が確実と見られるほか、市議の桜井雅浩氏(41)が立候補への強い意欲を見せている。

 会田氏は市内西本町1のアイダ写真館の生まれ。東大工学部卒後、大阪市役所を経て長岡市役所に勤務。企画部長、都市整備部長、環境部長などを務めた。2002年に退職後、今年2月まで財団法人・環日本海経済研究所特別研究員。柏高同窓会副会長。市長選を巡っては、水面下で早くから動きが注目されていた。

(2004/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。