PHOTOニュース

見頃を迎えたカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染め、甘い香りを漂 わせた=17日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2024/05/17)


本紙連載のコラム「続・呑んべぃ親父の独り言」(上巻)を出版した春口 敏栄さん (2024/05/16)


旧高柳小で行われてきた卒業証書作りに向け、和紙の原料となるコウゾの苗を植える鯖石小児童=同校 (2024/05/15)

>>過去記事一覧
「浜千鳥」の碑を海岸公園に移設

♪♪青い月夜の浜べには 親をさがして鳴く鳥が、波の国から生まれ出る…。雑誌「少女号」編集長・鹿島鳴秋(1891〜1954)の作詞による童謡「浜千鳥」の碑がこのほど、アクアパーク駐車場わきからみなとまち海浜公園に移設された。郷愁を誘う歌詞は市民の愛唱歌ともなっており、市では、海を望む地に移設したことで、さらに広く市内外から親しんでもらいたいとした。

 鳴秋は1919年6月、文学友だちで、のちに県文化財調査審議委員などを務めた桑山太市朗(1891〜1978)を訪ねて来柏した。桑山が鳴秋を裏浜から番神海岸の砂浜まで案内した。日本海が若い鳴秋の詩情をかき立て、「こんな童謡が出来た」と桑山に見せたのが「浜千鳥」の詩だった。翌年1月、弘田竜太郎が作曲し、叙情歌の名曲として全国的な愛唱歌になった。

 その後、再び桑山を訪ねた鳴秋が、この詩を約1.5メートルの紙に書いて贈ったものをもとに、61年7月、旧柏崎観光協会が裏浜の海岸公園に「浜千鳥」の歌碑を建立した。公園が取り壊しになったため、93年7月にアクアパーク駐車場脇に移設。「もっといろいろな人から見てもらい、碑の存在を知ってもらいたい」(市観光交流課)として、海浜公園に再び移設された。

(2004/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。