PHOTOニュース

スポーツや文化など1年間の活動をたたえた教育委員会表彰式=市民プラザ  (2024/02/24)


24年度施政方針演説を行う桜井市長=22日午前、市議会議場 (2024/02/22)


若手社員と学生が地元就職について意見を交わした交流会=16日、柏崎商 工会議所 (2024/02/19)

>>過去記事一覧
潮風マラソンで海と山満喫

 海と山に恵まれた柏崎ならではのコースを楽しむ「潮風マラソン」(同実行委員会主催)が23日、「かしわざき風の陣」の一環として、24都府県の一般市民ランナーが参加して行われた。市内のランニング愛好者らが実行委員会を組織して準備に当たり、沿道では給水サービス、鳴子踊りや太鼓演奏などでランナーを励ました。

 マラソン、ウオーク、ボランティアの参加者は総勢約1500人。昨年に続いて2回目のフルマラソンでは西川市長が「柏崎近郊をはじめ、遠くは鹿児島から秋田まで大勢から参加してもらった。新緑の中のマラソンを大いに楽しんでほしい」とあいさつ。選手代表の中山龍也さん(38)=小千谷市=が「鯨波の地下道を通り、必ず完走し、美酒を味わいたい」と宣誓した。

 午前8時、市長のスタートの合図でランナーが柏崎港中浜ふ頭から一斉に飛び出した。ハーフ・リレー、ウオークの各部が続いた。鯨波、川内などへと向かい、折り返し地点からゴールを目指した。ハーフに出場した新潟市の男性は「スタッフ、ボランティアがとても感じよく、最後まで気持ちよく走れた」、新発田市の女性は「コースはいつもながら超難儀。でも、給水が充実していた。風の陣があり、家族も楽しめた」と話した。

(2004/ 5/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。