PHOTOニュース

トップライトがふさがれ、LED照明に入れ替えたアリーナ=ラピカ (2024/05/30)


桜井市長に環境大臣表彰の受賞を報告した植物友の会の阿部会長(右から 3人目)ら=市役所市長応接室 (2024/05/29)


第10回市民のための柏崎文化祭ステージ部門で柏崎フィルの伴奏付きで初 めて披露された柏崎讃歌「柏崎の思い出」 (2024/05/28)

>>過去記事一覧
科学の祭典が親子連れらでにぎわう

 市内若葉町、市立教育センター科学技術教育部が五日から、新潟工科大(藤橋)で科学の祭典in柏崎刈羽を開いている。同大との共催。科学実験、ものづくり体験などのブースが所狭しと設けられ、親子連れらでにぎわっている。

 催しは、科学技術の観察、実験などを通して、子供たちから科学を身近なものに感じてもらうことを狙った。同大の学生、小中学校の理科主任、市内企業など延べ70人余りがスタッフを務める。会場には「いろいろイクラボトル」「ぐるぐるロボットを作ろう」「燃料電池・木炭電池」などのブースが設けられた。子供たちは実験器具を使ったり、身近な材料でものづくりを体験した。

 この祭典は工科大祭と同時開催で6日まで。時間は午前10時から午後3時半まで。小学校低学年は親子で参加してほしいという。

(2004/ 6/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。