PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
県施策への市要望、浸水対策も重点に

 市は25日から、2006年度の県施策に対する要望活動を開始した。従来から求めてきた原発の安全対策強化や立地地域のさらなる振興などに加え、2年連続の水害を踏まえてJR柏崎駅南側低地部の浸水対策、谷根川下流部の災害復旧などを重点要望として新たに挙げた。

 今年の要望活動は、旧高柳・西山町と合併後初めてとなり、会田市長が県庁で泉田知事や関係部局長に面会し、要望書を提出。25日を皮切りに、8月2日、8日に予定している。要望項目は前年と同じ59で、重点が11、新規は14に上った。

(2005/ 7/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。