PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
雨中の花火でぎおんまつり閉幕

 ぎおん柏崎まつりのフィナーレを飾る海の大花火大会が26日夜、市内中央海岸で行われた。旧高柳町・西山町が合併して初めてのまつりだったが、台風7号の接近下、近年まれな雨の花火大会で閉幕した。

 まつり期間は25日まで天候に恵まれたが、最終日は台風7号が太平洋側に接近した。ぎおん柏崎まつり実行委員会(事務局・柏崎商工会議所)は午前9時過ぎ、花火実施を防災行政無線で市民に知らせ、市のホームページにも掲載。県内外から問い合わせの電話が殺到した。午後から一時天候が安定し、会場に向かう家族連れ、浴衣姿の見物客などの波が続いたが、打ち上げ前になって雨が降り出し、開始は10分間早まった。

 花火は、みなとまち海浜公園前をメーンステージに防波堤周辺の海面をフルに使った。海面で扇状にさく裂する海中空大スターマイン、幅約600メートルにわたり一斉に打ち上げるワイドスターマインなどの趣向を繰り広げ、呼び物の1つ尺玉百発一斉打ち上げは幅1,500メートルにわたり中空に光の帯を描いた。しかし、尺玉300連発、新市誕生を祝う市民一同などは会場から離れた海岸線などを除き、次々と打ち上がる花火が煙に隠れがちで、客席からため息も漏れた。

(2005/ 7/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。