PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
海浜公園交流センターが7月オープン

 市は市内みなとまち海浜公園内の鵜川寄りの地点にマリンスポーツやイベントなどの実施・情報発信、利用者の交流促進のための「みなとまち海浜公園交流センター(地域交流センター)」を建設している。建物は5月中に完成予定で、周辺を整備した上で7月1日にオープンする予定だ。

 建物は地階と地上2階建てで、延べ床面積は150平方メートル。ミーティングスペース、管理室、監視室、収納庫、トイレ、シャワー、ゴミ集積場などを備える。総事業費は約6000万円。

 施設は市直営で、財団法人・マリンスポーツ財団(東京)に業務委託の方針。マリンスポーツ財団はこれまで同公園でマリンスポーツフェスタやジェットスポーツ全日本選手権などを主催。親水活動を行う地域のボランティア団体「マリスクラブ柏崎」の育成や指導も手がけてきている。

(2007/ 4/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。