PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
クリーンデーで75トンのごみ回収

 環境にやさしい社会をつくろう――を合言葉に、環境月間第1日曜日の3日、市の呼び掛けで各町内会が「クリーンデー柏崎」の活動に取り組んだ。早朝から大勢の人がごみ拾いや側溝清掃、草刈りなどに精を出し、可燃・不燃ごみを合わせて約75トンを回収した。過去最多の一昨年(約69トン)を上回り、きれいなまちづくりへの意識を一層高めた。

 クリーンデー柏崎は、市の環境基本条例・計画に基づくもので、今年で13年目。全市一斉に清掃・環境美化活動を行うことで、環境を見つめ直し、環境保全意識の向上を狙った。同時に活動を通して、ポイ捨てや不法投棄などを未然に防ぎ、花と緑あふれるまちづくりを目指した。

 各町内会では道路、海岸、公園などに落ちているごみ、空き缶、空き瓶を拾ったり、下水溝の清掃や泥上げ、草刈りなどを行った。

(2007/ 6/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。