PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
市議が新潟産業大と意見交換

 市内軽井川、新潟産大で25日、市議と同大学関係者による意見交換会が行われた。大学側から現況や今後の大学運営などが語られ、市議からは前向きな発言が相次いだ。

 意見交換会は、大学の現況を聞かせてほしいとする市議側の要望に、大学側が応えた。同大学にとって市議とのこうした懇談は初めて。25日は新人7人を含め市議13人、大学側からは経営母体の柏専学院の松縄理事長、広川学長、各学部長らが出席した。

 大学側は県央キャンパス構想の断念、前学長の辞任などの経過を説明。少子高齢社会を迎え、学生募集など厳しい状況を打開するため、経営改革推進室を設置し、全学挙げて取り組んでいるとした。また、人材育成、地域との連携を訴え、「地域活性化に貢献を」と述べた。

 市議側は「市内企業への就職状況は」「インターンシップの受け入れは」「学生確保のメニューはどうか」などと尋ねた。さらに「もっと女子学生を増やすための魅力づくりが必要ではないか」「中学生の時代からの連携が大切だ」などの提案もあった。

(2007/ 6/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。