PHOTOニュース

歩行者天国でにぎわう通りで行われた日本海太鼓の演奏=14日、市内東本 町2 (2022/08/16)


花の絵を中心にした加藤さんらの日本画作品展=市内諏訪町、ドナルド・ キーン・センター柏崎 (2022/08/13)


JA柏崎が普及に取り組む極早生米「葉月みのり」の収穫作業=12日、市 内藤井 (2022/08/12)

>>過去記事一覧
プラント刈羽店が来月閉店

 大型ディスカウントストアのPLANT(プラント)=福井県坂井町、三ッ田勝規社長=は3日、中越沖地震で被災した「スーパーセンターPLANT―5刈羽店」について、復旧工事に多額の費用がかかり、収益が見込めないとして9月20日で閉店することを決めた。同日午後、刈羽村長を訪ねた三ッ田社長はこの決定を伝え、「2度の震災で立ち上がれない」と説明した。

 同店は地震後、他店の応援を得て屋外販売、店内復旧に努め、21日、生鮮食品売り場を除く売り場で営業を再開した。しかし、主力の生鮮食品売り場は床の配筋が隆起し、施設が破損するなど被害が大きく、復旧修繕には多額の費用がかかることが分かった。村内で水道が全面復旧した後も、同店は下水道施設の被害でトイレが使用不能。客、従業員は仮設トイレを使う状態が続いている。

 従業員には4日朝、閉店が正式に告げられた。通用口にも張り出しがあった。地元が中心のパートは166人、正社員28人。パートの市内女性は「調べるほどに被害の大きさが判明するということだった。閉店と聞き、解雇と受け止めた。勤務時間の都合がよかったので、助かっていたのだが。みんなこれから、どうしようというところ」と話した。

(2007/ 8/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。