PHOTOニュース

壮行会で応援メッセージが書かれた幕を受け取るブルボンKZの平田男子 主将(左)と梅村女子主将=27日、柏崎アクアパーク (2022/09/29)


第2次成人式で元気に万歳三唱をする出席者=28日午前、アルフォーレ大 ホール (2022/09/28)


市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)

>>過去記事一覧
東電が14日から原発敷地内断層を追加調査

 東京電力柏崎刈羽原発の高橋明男所長は13日の定例記者会見で、同原発敷地内の断層調査として追加で検討していた「V系断層」の調査作業を14日から5月末までの予定で始めることを明らかにした。「建設する際の調査で活断層でないと評価しているが、念のため中越沖地震で動いたかどうかを立て坑を掘削して直接確認する」とした。

 敷地内断層調査は、中越沖地震で被災した同原発の耐震安全性評価の一環。すでに1、2号機付近の「β断層」は掘削を終え「動いていない」と確認。現在、6、7号機付近の「F―3断層」を調査している。V系断層は3号機直下のものを選び、深さ17メートル程度の立て坑を掘って状況を目視で調べる。

(2008/ 3/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。