PHOTOニュース

ねんりんピック全国大会に12年ぶりの出場を決めたブル刈羽 (2024/06/21)


豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)

>>過去記事一覧
低炭素地域づくりで柏崎にモデル指定

 環境省の低炭素地域づくり面的対策推進事業のモデル地域にこのほど、市環境・エネルギーネットワーク(事務局・市環境政策課)が採択された。

 同事業は自動車交通需要の抑制、公共交通の利便性の向上、未利用エネルギーや自然資本の活用により低炭素社会のモデルとなる地域づくりを目指す。本年度の予算は4億円で1地域2000円が上限。全国から38件の応募があり、このうち、予定より5件多い25件が事業採択された。

 同ネットワークが採択された事業は、開発技建(本社・新潟市)と新潟工科大が共同研究する。電源立地の優位性を生かした電気自動車、デマンドバスなどの導入検討に加え、日本海側で冬季に風が強く、積雪がある地域特性から気候緩和型都市構造と雪氷冷熱利用などをシミュレーションし、エネルギーの多様化、CO2削減を図る。2008・09年度の継続事業。本年度はCO2削減目標の仮設定、シミュレーションの実施、次年度に複数施策を面的に盛り込んだ低炭素地域づくり計画を策定する。

(2008/ 6/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。