PHOTOニュース

水素エンジン車の開発を行うリケンNPRの水素ステーション建設予定地 =市内柳田町 (2024/06/22)


ねんりんピック全国大会に12年ぶりの出場を決めたブル刈羽 (2024/06/21)


豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)

>>過去記事一覧
マラソンで復興支援、7月13日に

 「忘れないぞ、中越沖地震」を合言葉に、柏崎刈羽の仮設住宅団地をリレーでつなぐ「中越沖地震復興応援百キロマラソン」が7月13日、米山小前をスタート地点に行われる。主催は中越沖地震支援ネットワーク、中越沖地震復興応援マラソン大会実行委員会。3日まで参加ランナー、ボランティアスタッフを募集中だ。

 柏崎刈羽は、震災からまもなく1年を迎える中で、道路や公共施設の復旧、住宅再建などが急ピッチに進む。その一方、仮設住宅暮らしを余儀なくされている人も多い現実を受け止め、マラソンによって震災復興への強い思いを持ち続けたいと計画した。協賛は柏崎潮風マラソン実行委員会、米山台たんぽぽ。

 当日は午前5時に米山小の米山町第1仮設をスタート。新道、中田、刈羽、西山を回り、宮川、春日、駅前、東港町第1まで41カ所の仮設を継走。ゴールはシーユース雷音前。ランナーは各仮設住宅団地を決められた時間にスタートし、希望区間を走る。参加費は1キロごとに100円。

(2008/ 6/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。