PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
上越新幹線直行特急期成同盟会が総会

 上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会(会長・泉田知事)の2008年度総会が29日、上越市のホテルハイマートで開かれた。出席した首長、国会議員などからは交流人口の拡大、原油価格高騰の中で鉄道の重要性を強調する声が相次いだ。

 開会のあいさつで知事代理の森邦雄副知事は、中越沖地震で再認識された日本海縦貫線の役割に触れながら「鉄道の高速化と利便性の向上を図りたい」と述べた。上越市の木浦正幸市長は交流人口の拡大と、2つの新幹線をアクセスする鉄道の重要性を力説。来賓の国会議員、県議からも同様のあいさつがあり、「もっと県がこの問題でリーダーシップを発揮し、広く議論・検討されるべき」という意見も出た。県が進めている調査への協力や資料・情報の収集、関係機関への促進運動を08年度事業として承認。シンポジウムを開いて、関係自治体や団体の連携強化を図りたいとした。

(2008/ 8/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。