PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
「柏崎第九演奏会」に向け実行委

 震災復興祈念「柏崎第九演奏会」を来秋、市総合体育館で開催することになり、市内各方面からなる実行委員会の第1回会合が26日、産文会館で開かれた。中越沖地震で旧市民会館が被災した中で、音楽文化の灯をともし続け、新市民会館の完成までにつなげたいとの思いを込める。席上、実行委員長に西川勉さん(前県議)を選出した。

 「第九」は、「歓喜の歌」として知られるベートーベン作曲の「交響曲第九番」でクラシック音楽の象徴的な存在。市内では1998年、柏崎フィルハーモニー管弦楽団の10周年記念で第九演奏会を行い、20周年の今年再演が計画されたが、旧市民会館が震災で使用不能となったため中止せざるを得なかった。

 今回の企画は、かしわざき市民コンサート主催団体の柏崎音楽協会、柏崎フィル、産文会館が提案した。26日の会合では、提案者側がこれまでの経緯を説明し、「新市民会館竣(しゅん)工の際のこけら落としに市民手作りの『第九』を演奏したい。完成を待ち焦がれる気持ちを表そうと来秋の演奏会を計画した」と協力を求めた。

 計画では、柏崎第九演奏会は2009年10月17日午後6時45分から。演奏は柏崎フィルと県内オーケストラを迎える。一方、合唱は市民公募の合唱団を編成するほか、県内の第九合唱団、第九経験者の参加を予定し、総勢約250人規模を見込む。演奏を通し、震災復興、感謝と感動の気持ちの共有を目指す。

(2008/ 9/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。