PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
タービン損傷で保安院が早期設計変更求める

 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機のタービン動翼(回転する羽根)に損傷が見つかった問題で、経済産業省原子力安全・保安院は29日、通常運転以外の蒸気逆流で振動が加わったことによる金属疲労が原因とした東電の調査結果や対策の報告を妥当と判断する一方、根本的な解決策として早期の設計変更を行うことなど追加対策を求めた。

 損傷は動翼付け根部に起きており、東電は損傷した羽根の交換、加工による傷の除去、付け根部の計画的点検、振動応力低減などの対策に取り組むとしている。設計改良も10年程度以内の実用化を目標に検討事項に挙げていた。

(2008/ 9/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。