PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
北条に小規模多機能型居宅介護施設

 市内北条地内で小規模多機能ホーム「こもれび」が来年1月からオープンする。住み慣れた地域で「通い」を中心に、「宿泊」「訪問」の介護サービスを一カ所で行うもので、市内では初の小規模多機能型居宅介護施設となる。設置主体は中央町の福祉用具レンタル・販売会社「ケンブリッジ」(橋本謙次社長)。19日から3日間、内覧会。

 この施設は、本格的な高齢社会を迎える中で、介護が必要になっても、できるだけ住み慣れた地域で生活を続けられるように支援することが目的。元スーパーの倉庫を改修し、広さは延べ約500平方メートル。木材をふんだんに使い、ゆったりくつろげるしつらえ。同時に自立支援、機能維持なども目指す。

 マスコットマークを「フクロウ」に、名称を「こもれび」にした。木漏れ日のように暖かく、フクロウのようにじっと見守るという願いを込めた。スタッフは介護支援専門員、理学療法士の大渕哲也施設長(46)のほか、ケアマネジャー、看護職、介護職ら13人。

 事業内容は、「通い」を中心に、利用者の状態や希望に応じ、訪問、宿泊を組み合わせたサービスを提供し、在宅での生活の継続を支援する。また、居宅サービス計画の作成も行う。要支援1・2から要介護1-5の人を対象に登録定員は25人。1日の利用は「通い」が15人、「宿泊」が9人。通い、宿泊、訪問サービスとも年中無休。通いは午前8時から午後8時まで通常の対応、訪問は24時間体制で対応する。

 対象地域は原則として市内東地域で北条、中・南鯖石、高柳。利用料は介護保険の要介護度に応じた月定額制で、食費、宿泊代は別。

(2008/12/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。