PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
ボランティアに感謝のイルミネーション

 比角地区子ども育成会(田村光一会長)が13日、「感謝の集い」を開き、雪だるまの絵に「ボランティアのみなさん ありがとう」などとメッセージの入ったイルミネーションを比角小体育館脇のフェンスに点灯した。中越沖地震で世話になったボランティアに感謝の気持ちを表したもので、点灯は来年1月12日まで。

 感謝の集いには、地震直後から駆けつけた県内外のボランティア14人が集まった。同小体育館で子どもたちが草木染めで作った「黄色いハンカチ」を贈って開式。ドッジビーで交流した後、フェンスに張った縦約1.8メートル、長さ約25メートルのイルミネーションの点灯式を行った。

 イルミネーションの絵は、同小1年・遠藤和奏さんの作品。男の子と女の子の2つの雪だるまが描かれ、その周りを3000個近くの豆電球で彩った。スイッチが押され、イルミネーションが輝くと、集まった人たちから「わァー、きれい!」と歓声が上がった。

(2008/12/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。