PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
市が家庭ごみ有料化へ計画案

 市は20日、廃棄物減量等推進審議会(本多満理子会長、委員数15人)の今年度第2回目の会合を市内松波4のクリーンセンターで開いた。今年10月から実施が予定される家庭ごみの有料化をめぐり、事務局が指定ごみ袋の料金(処理手数料)を1リットル当たり1.4円とする計画案を説明し、委員の意見を求めた。実施後3年間は各世帯に年間20枚を無料配布して、中越沖地震後の負担軽減を図りたいとした。条例の一部改正案を市議会2月定例会に提案する。

 家庭ごみの有料化は、会田市長が2期目に掲げた50の公約の1つ。市長は昨年の市会12月定例会の一般質問に答え、「ごみの減量化、負担の公平化、施設の延命化に加え、震災による大変厳しい財政状況を考えると、どうしても実施しなければならない施策」と述べた。県内ではこれまでに20市中、15市で実施されている。

 20日の会合で事務局は、有料化の原案は2006年9月の検討内容とほぼ同じで、指定袋の料金設定について、減量化のためにある程度の負担感を持たせたと説明。燃やすごみ、燃やさないごみの袋を共通にし、極小(5リットル)から大(50リットル)まで4種類。一般平均世帯の負担額を1カ月300―400円と見込む。町内会などでボランティア清掃などを行う場合、事前に連絡があれば市から袋を渡す。

(2009/ 1/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。