PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
ジュニア美術展が開幕

 県ジュニア美術展覧会・柏崎展(県教委、市教委など主催)が21日からソフィアセンターで始まった。県内各地の子どもたちの優れた作品がずらりと並び、来館者を楽しい雰囲気で包んでいる。

 同展は今年で39回目。約3万8700点の応募から、審査の末、入賞・入選作品が決まり、県内巡回展として開かれている。

 柏崎展には、特賞の三中2年・櫻井僚君の木版画をはじめ、柏刈の優秀賞7点、奨励賞62点の合計70点の入賞を含め、県内各地の幼児から中学3年までの作品2060点が並んだ。物語や空想の世界、動物、運動会、町並み、稲刈りなどを題材にのびのびと描かれ、ビー玉、綿、ラメなどを張り付けた作品もある。

 初日午前は、柏崎小3年生(児童数75人)が“お宝発見”に訪れた。

(2009/ 1/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。