PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
日本海太鼓がばち供養

 市内の創作太鼓グループ、日本海太鼓(相沢宏之会長)は1日、市内長崎の金泉寺でばち供養を行った。傷んだばちを火にくべ、中越沖地震からの本格復興へ太鼓の音で柏崎をアピールしたいと決意を新たにした。

 日本海太鼓は1977年1月に旗揚げ。郷土色豊かで勇壮な面付け太鼓が特徴だ。昨年は、地震のために1年遅れになった創立30周年の自主公演を行い、ふるさと復興の願いをばちに込めた。

 ばち供養は8年目。練習や本番でひびが入ったり、割れたりした3種類の太さのばちを本堂前の大釜で燃やして供養する。雪のない境内で読経の中、メンバー15人が約100本を火に1本ずつくべた。地震で被災した本堂は昨夏、改築工事を終え、メンバーの感慨はひとしおだった。

 相沢会長(54)は「柏崎刈羽、出雲崎でつくる柏崎地域観光復興推進協議会と夏か秋にはタイアップして、柏崎を内外にアピールを。太鼓の音を通し、元気を取り戻していきたい。新市民会館建設への準備が進んでおり、演奏できる日に期待を寄せ、日々の練習に励みたい」と話した。

(2009/ 2/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。