PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
柏崎原発6、7号機で点検漏れ

 東京電力が中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発で進めている点検作業に漏れがあったことが経済産業省原子力安全・保安院の指摘で分かり、東電は三日、6、7号機あわせて5カ所の配管で点検が一部未実施だったと保安院に報告した。確認の結果、健全性に問題はなかったが、6、7号機とも機器単体の点検・評価が終わったとして昨年12月と9月にそれぞれ系統機能試験に入っており、保安院では点検漏れ自体は重要なことと見て、東電に口頭で注意した。

 保安院柏崎刈羽原子力保安検査官事務所によると、1月23日、6号機の立ち入り検査をした際、点検個所のリストと記録が一部合わなかったことから、東電に全号機での調査を指示した。同社の報告によれば、建屋間の計装用空気圧縮系配管などの貫通部が6号機で3カ所、7号機で2カ所いずれも溶接部の目視点検などが一部未実施だったことを確認。直ちに点検を行い、異常はなかったという。

 原因は、メーカーや東電のグループ間で担当の点検個所の数え方が違い、お互いに照合をしていなかったためで、どちらにも入らない個所が出た。

(2009/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。