PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
金泉寺の節分にあがた森魚さん

 中越沖地震で被災した市内長崎、金泉寺(小林知行住職)で3日、2年ぶりに節分の鬼踊りが行われた。シンガーソングライターのあがた森魚さんが飛び入りで出演し、往年のファンを喜ばせた。

 同寺の節分会は24年目。あんどんの明かりが境内を照らし、再建された本堂に親子連れなどが詰め掛けた。マジック、お笑いトークが沸かせ、日本海太鼓が春の部を演奏した。

 あがたさんは、小林住職の三男で俳優の小林三四郎さん(50)と同じ所属事務所。映画監督、俳優としても活躍中。昨年還暦を迎えて全国ツアーを行い、この日は京都から駆け付けた。「ぼくのデビューの年(1972年)は沖縄返還、田中内閣誕生、列島改造、(日中国交回復で)中国からパンダが来た」と述べ、デビュー曲の「赤色エレジー」など3曲を歌い、観客と声を合わせた。

 豆まきでは、いじわるなど邪心を表す5色の鬼が現れ、口上に合わせて金棒などを振り上げた。日本海太鼓がどらや太鼓で盛り上げた。年男年女が豆をまき、鬼が退散すると、豆拾い、福引きで笑顔があふれた。地元の年配女性は「もとは子供会で始めた行事。和紙で作ったかみしもは今も現役」と感慨深そう。小林知明副住職は「震災のおかげで全国の人に助けられ、人と人とのきずなを知った」と感謝した。

 あがたさんは「そば屋で歌ったことはあるが、節分の豆まきでは初めて。皆さん大きな声で歌ってくれ、今日は楽しかった」と満足そうだった。

(2009/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。