PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
東市街地循環バスが1日9便に

 昨年10月から比角地区、半田地区で試験運行している東市街地循環バスについて、運営主体の市地域公共交通活性化協議会は、4月から1日9便の運行とし、日曜日は運休(祝日は運行)する。

 東市街地循環バスは公共交通の空白区域となっている比角地区、半田地区の公共施設、病院、商業施設を、JR柏崎駅前を起点に、比角先回りで4便、半田先回りで6便の1日10便運行している。10月からの利用状況は、早朝と夕方、日曜日の利用が少なく、利用者の多いバス停は刈羽郡総合病院前と比角地区内。利用者からは「安全・安心して利用できる」という評価が出ている。

 このため、4月からの試験運行では半田先回りで午後3時40分発、6時40分発を廃止し、午後4時40分発を新設。比角先回りは本数は同じだが、現行の午前8時40分発を8時30分発に変更。また、1周の運行時間を現行より9分ほど短縮し、高校への通学に利用しやすくする。利用の少ない日曜日は運休とするが、祝日については利用者の混乱を避けるため、平日と同様に運行する。

(2009/ 2/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。