PHOTOニュース

マコモの葉を練り込んた「マコモうどん」 (2022/01/27)


「EC市場」をテーマに、あきんどの集いで行われた講演会=24日、柏崎商議所 (2022/01/26)


信越本線の魅力を紹介したアニメ「とびだせ!信越本線―みんな乗んなせ、魅惑の路線」の前編トップページ (2022/01/25)

>>過去記事一覧
刈羽小児童の田植えをトキッキ見守る

 刈羽小(田中俊範校長)の5年生42人が13日、学校近くで田植えを行い、トキめき新潟国体の大会マスコット「トッキッキ」が見守った。

 総合的な学習として、村農業委員会、県柏崎農業普及指導センターの指導、JA柏崎、村の協力で8アールにコシヒカリの苗を植えた。児童ははだしで入った水田の感触に歓声を上げ、「苗を下さい」と元気な声が行き交ううちに青々とした列が並んだ。稲作をめぐる質問に、同センターの今井直子・主任普及指導員は「種まきから5カ月で収穫」、農業委の佐藤辰男会長代理は「作業で大変なのは春一番の代かきと、田植え」などと答えた。

 農村地域生活アドバイザーの女性らは桃のピクルス、タケノコなど地元食材を使った五目ご飯を振る舞った。

(2009/ 5/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。