PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
今年の「山の子米」作り始まる

 市内高柳町の門出小(田辺康夫校長・児童数13人)で今年も「山の子米」作りが始まり、21日には“師匠”と呼ぶ地域の人たちと田植え作業に汗を流した。今年もアイガモ農法に挑戦する。

 「山の子米」は無農薬・有機栽培・はさがけ乾燥の完全手作りコシヒカリ。児童たちが2001年から地域の人たちや保護者の指導・協力を得ながら栽培。収穫した米は秋に、東京・表参道で活動の様子を発表しながら道行く人たちに配布している。これまでに不耕起栽培や紙マルチ栽培などにも挑んでいる。

 今年、米作りを行う児童は3、4、6年生の8人。場所は門出かやぶきの里に近い、児童が「DORONKO田んぼ」と呼ぶ6アールの水田。21日は保護者や地域の人13人も参加した。開会式では大人も子どもも全員がこの日の作業の目標を大きな声で披露。手慣れた手つきで田んぼに枠を転がし、苗を次々に植えた。児童たちは草取り作業の軽減に、今年もアイガモ農法に挑戦することから、カモ10羽を6月早々に田に放つ予定だ。

(2009/ 5/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。