PHOTOニュース

在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)


槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)

>>過去記事一覧
要介護認定者増加を市が報告

 市は、介護保険事業の円滑な推進を図るため、各方面の代表による介護保険運営協議会の本年度第1回目の会合を27日夜、市役所で開いた。事務局が2008年度の介護サービスの利用状況などの報告を行い、要介護認定者が前年同期に比べ約150人増えたとした。

 同協議会は、市の介護保険事業計画が基本理念のもとで市民の意見を反映しながら円滑、適切に行われているかを点検・協議することが目的。本年度は委員の交代が行われ、公募の4人を含む20人のうち、15人が新任。

 会合では事務局が08年度の市高齢者保健福祉計画・第3期介護保険事業計画の実施状況の報告を行い、65歳以上人口は24797人で、前年同期に比べ237人増えたとした。市総人口に対する高齢化率は26.9%だった。

 一方、要介護認定者は4456人。前年同期に比べ153人の増。事業計画の見込み値より349人の増だ。介護度別では、要介護1が最も多く717人で、次いで同2が682人、同3が676人、要支援1が659人、同2が594人など。前年同期との増減では、要支援2が92人、要介護5が86人の増、逆に要介護4の79人の減が目立った。

(2009/ 5/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。