PHOTOニュース

桜井市長に環境大臣表彰の受賞を報告した植物友の会の阿部会長(右から 3人目)ら=市役所市長応接室 (2024/05/29)


第10回市民のための柏崎文化祭ステージ部門で柏崎フィルの伴奏付きで初 めて披露された柏崎讃歌「柏崎の思い出」 (2024/05/28)


国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際 立つ=22日、市内高柳町岡野町 (2024/05/27)

>>過去記事一覧
えんま通り再生へガイドライン作成

 中越沖地震から来月で丸2年。多くの店舗が損壊した「えんま通り」(市内旧本町7丁目)の再生に向け、住民、商店主らでつくる復興協議会(中村康夫会長)がこのほど、まちづくりガイドラインを作成した。11日、町内のトレーラーハウスで報道関係に発表したもので、今後住宅や店舗の建て替えなどの基本指針となる。この日はシンボルマークの募集、オリジナル手ぬぐいなどの説明もあった。

 同町内有志らは震災直後の2007年秋から毎週ワークショップを重ね、08年1月に「えんま堂」をシンボルにした復興ビジョンを、同年7月に復興まちづくり構想を作成。ガイドラインはこれに続く。「えんま通りらしい建物」「通りの連続性」「商店の個性を生み出す」などをテーマに、18項目からなる。

 この中で、建物の高さは通りの街並みになじむため、極力3階までとし、シンプルな切妻屋根を提唱。建物外観、瓦屋根の色彩にも配慮を求めた。また、木製アーケードによる快適な歩行者空間、隣接する敷地同士の中庭をつなぐ「お庭小路」などを提案した。運用には地元、建築士、外部の有識者らによる「街なみ検討委員会」(高野仁司会長)を構成。建物の建て替え、土地利用の変更の際には相談、協議を呼び掛ける。

(2009/ 6/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。