PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
ライトダウンキャンペーン呼び掛け

 市は、環境省の「CO2(二酸化炭素)削減・ライトダウンキャンペーン」に呼応し、市内でも「夏至の日」の21日にこのキャンペーンを実施することから、多くの参加を求めている。15日にはえんま市の市中で、剣野小児童が手作りチラシなどを配ってアピールした。

 環境省は2003年度から地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の電気を消すキャンペーンを進めている。明かりを消すという身近な省エネを通して、環境問題を考えるきっかけにすることが狙いで、キャンペーンの実施時間は午後8時から10時まで。

 15日は午前、午後の2回、剣野小の6年生(56人)がえんま市でにぎわう市中でチラシを配った。児童らは総合学習の一環として環境保全活動に取り組んでおり、「このキャンペーンを知って参加してもらい、温暖化防止に少しでも役立てたら」(小黒椋大君)、「みんなからやってもらえるように、分かりやすいチラシを作った」(小林優太君)と笑顔をのぞかせる。

 環境政策課では「子どもたちのこうした活動は大変うれしい」といい、「キャンペーンを通し、日ごろいかに照明を使用しているかを実感し、日常生活の中で温暖化対策を実践することの動機付けにしていただきたい。家族で星空を眺めたり、ろうそくの明かりの中で環境などについて語り合うひと時にもしてほしい」と話す。

 参加登録は19日まで、同課(電話21―2299)へ。登録書は同課、市ホームページで。次回は昨年の北海道洞爺湖サミット初日で「七夕」の7月7日。

(2009/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。